<Q>車検切れの車は車検を通してから買取査定に出すべきですか?

<Q>車検切れの車は車検を通してから買取査定に出すべきですか?

結論を言いますと、車検が切れている車両は車検が切れている状態のまま買取査定に出してください

 

そのほうがソンしないですよ

 

 

確かに車検を通してから査定に出したほうがより高い査定額が付きます。

 

しかしその場合、車検にかかった費用をそっくりそのまま査定額に上乗せしてくれるかというと、決してそんな業者はないのです。

 

たとえば普通に査定したら50万円の査定がつく車があったとして、この車を10万円の車検費用をかけてから査定に出した場合、60万円(50万円+10万円)以上で査定してくれる買取店があるかというと、そういう会社は存在しないのです。

 

せいぜい53万円〜55万円くらいの査定しか出ないでしょう。

 

だから、結果として、車検が切れたそのままの状態で査定に出したほうがソンが少ないわけです。

 

このことは事故でキズやヘコミがある車にも当てはまります。

 

キズやヘコミを修理しないで査定に出したほうが、結果的におトクです。

 

修理費用をそっくりそのまま査定額に反映させてくれる買取業者はいないのです。

 

というのも、買取業者にはたいてい自社工場かそれに近い存在の工場があって、板金修理、故障個所の補修、車検の取得などを<格安>でやってしまえる工場を抱えています。

 

だからキズ・ヘコミのある車とか車検切れの車であっても、自社工場などで不具合を修正してから売りに出すことができるわけですね。

 

車検切れやキズ・ヘコミなどは大きなマイナスポイントにならないのです(マイナスにはなりますが、ユーザーが考えるほどの大きなマイナスにはならないという意味)。

 

査定は現状のまま」・・・・・・・これが車を売却するときの鉄則です。

■おすすめ<一括査定サイト>ベスト3

<おすすめNO.1>ズバット車買取比較

 

・あなたがいまお乗りの軽四・軽四輪・軽自動車を手っ取り早く手放してしまうのであれば近所の車屋さんに買い取ってもらうのが一番です。

 

・短時間ですぐに現金化できるでしょう。

 

・また新しい車に乗り換える場合ならディーラーで下取りしてもらえば手間いらずで簡単です。

 

・しかし今お乗りの軽四・軽四輪・軽自動車を手放すまでにある程度時間的余裕があるのであれば、より高い買取額が期待できる方法を選ぶべきでしょう。

 

・それは何かといえば、ズバリ<一括査定サイト>を利用することです。

 

・現在の日本において、車を最高値で買い取ってくれるところを探すとしたら、<一括査定サイト>が最良の選択になるからです。
(こちらを参照⇒)一括査定サイトはどうして他の方法より高い査定額が付くのですか?

 

・当サイトがまず最初におすすめする<一括査定サイト>はズバット車買取比較です。

 

・ここはインターネット最初期のころから営業している老舗中の老舗で、名前を変えて現在の名称となっています。

 

・利用者からは目につきにくいところにエネルギーを注いできた完成度の高い<一括査定サイト>です。

 

・具体的に言いますと、提携する業者選びにおいて同業他社を常にリードしているのです。

 

軽四・軽四輪・軽自動車の買取において、成績の伴わない業者を外し新たな業者と提携するのはもちろんのこと、将来に伸びしろのある買取業者を発掘し、交渉して、提携業者の一員に加えるなど、利用者の満足度を高めることに余念がありません

 

・だからこそ長きにわたりネット買取査定業界を生き延びてきているのです。

 

・あなたの軽四・軽四輪・軽自動車がまだ年式の新しい車なら、たぶん大手の買取店が名乗りを上げるでしょう。

 

・あなたの軽四・軽四輪・軽自動車が事故車であったり故障車であったり廃車寸前であったりすれば、そうした車の再販ルートを国内・海外に数多く持っている買取店が買取額を提示してくるでしょう。

 

・あなたの軽四・軽四輪・軽自動車がエアロパーツなどでドレスアップされたカスタムカーであるなら、日本全国に点在する改造車・カスタムカーなどを専門に扱っている買取店が他より高い買取額を提示してくるはずです。

 

ズバット車買取比較はこのように提携する買取店のバリエーションが最も充実しているサイトです。

 

・いろいろある<一括査定サイト>のどこを利用すればいいか迷ったら、ぜひここを利用してください。

 

・後悔することはないですよ。

<日本全国利用可>

 

<おすすめNO.2>かんたん車査定ガイド

 

・つぎにおすすめする<一括査定サイト>がここです。

 

かんたん車査定ガイドの最大の特徴であり強みは、おおよその「買取相場」が査定依頼すると即返ってくることです。

 

・利用者のなかには「そもそも自分の車に値段がつくのか」とか「年式から言って値段は付くだろうけど、いくらになるのか見当もつかない」という人が実に多いのですね。

 

・だから、たとえば「43万〜68万」というように幅のある答えであっても、「ああ、そうなのか、少なくとも43万円くらいにはなるんだな」ということがわかり、その後の行動に出やすくなるのです。

 

・おおよその「買取相場」をすぐに知ることで、「それなら売るのはやめて乗りつぶそう」だとか「それだけまとまった金額になるなら査定が落ちないうちに売ってしまおう」というように利用者としても一歩足を前に踏み出せるのですね。

 

・提携する買取業者に関しても、<おすすめ1位>のズバット車買取比較に肉薄すべく、かなりマニアックな買取店との提携にも力を入れていて、他では満足のいく査定額に届かなかった車がここでは高額査定になったという事例がこのところ数多く報告されています

 

・また、地方の比較的人口が少ない地域にお住いの方が<一括査定サイト>を利用する場合、実際に査定額を提示する業者の数が、都市部の利用者の場合に比べて、やや少ない傾向にあります。

 

・これは、買取業者としても、出張査定に行ける範囲かどうかが問題になりますから、拠点となる営業所から離れた地域となると、査定額の提示を控えることがあるからです。

 

・したがって地方にお住まいの方が<一括査定サイト>を利用する場合は、たとえば<おすすめ1位>のサイトと<おすすめ2位>のサイトの両方に査定依頼することも有効だと思います。

 

・すこしでも高い買取額を勝ち取るためには、より数多くの買取店に競い合ってほしいですからね。

 

実際、最近は複数の<一括査定サイト>を併用する方が増えています

 

<日本全国利用可>

 

<おすすめNO.3>カーセンサー.net簡単ネット査定

 

・こちらはリクルート社が運営している車査定サイトです。

 

・カーセンサーといえば中古車を購入する人には雑誌や検索サイトなどでなじみが深いと思います。

 

・中古車検索で提携している全国の車販売店とのネットワークは、この車査定サイトに受け継がれているので、非常に間口の広い車買取が可能となっています。

 

・たとえば、あなたの軽四・軽四輪・軽自動車が、高年式でも低年式でも、過走行車でも少走行車でも、改造なしでも改造ありでも、事故車故障車不動車水没車であっても、そうした色んな状態の車を優先的に販売できるルートを確保した買取店とネットワークでつながっています。

 

・だからカーセンサー.net簡単ネット査定安定的に高額査定が出ることで知られています。

 

・今後は車買取査定の分野で最上位を狙えるのでは・・・というまさに伸び盛りの査定サイトです。

 

・ホームページも充実していて、あなたの軽四・軽四輪・軽自動車に関しても、カーセンサーが得意とする中古車価格の情報を基に今後の買取相場の予測をグラフにしてわかりやすく解説しています

 

車を売るタイミングを見極めるのにとても役に立つ解説ページで、このあたりはさすがにカーセンサーだなと思います。

 

・なかでも特に役に立つデータは、あなたの軽四・軽四輪・軽自動車の中古車価格に関する比較データです。

 

・あなたの軽四・軽四輪・軽自動車が6か月前には平均いくらで売られていて、その6か月後の今現在はいくらになっている・・・この比較ができるのです。

 

・6か月の間に2万円くらいしか値段が落ちていない車もあれば8万円落ちている車もあります。

 

そうした中古車の売値の変化がわかれば、当然、それと同じ車種の車を買取してもらう場合の買取価格の傾向も予測できますからね

 

・カーセンサーならではのとても実用的なお役立ち情報なのです!

 

・なお<おすすめ2位>のかんたん車査定ガイドのところでも書いたことですが、地方の比較的人口の少ない地域でこの<一括査定サイト>を利用する場合、あなたの査定依頼に応じて査定額を提示してくる買取店の数が、都市部の場合に比べて、やや少なくなる場合があります。

 

せっかく複数の買取店に競合してもらいより高い査定額を引き出したいと思っているのに、競合する数が少ないといい結果が得られないこともあるわけです

 

・ですから、その場合はこのページでご紹介している3つの<一括査定サイト>のうち、少なくとも2つのサイトを利用するといいと思います。

 

・そもそも<一括査定サイト>を利用すればある程度の手間暇はかかります。

 

・どうせ手間暇かけるなら、少しでも高い買取額を勝ち取りたいですからね。

 

<日本全国利用可>

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・静岡県・山梨県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・岐阜県・愛知県・三重県・奈良県・和歌山県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県